お仕事日録

いちごちゃんと地上の楽園

クリスマスの日、漆黒の毛色が美しい猫のいちごちゃんが天国に旅立ちました。飼い主様ファミリーは猫ちゃんが大好きで、お家には他にも猫ちゃんたちが3匹います。驚くほど美しい猫ちゃんばかり。奥様は私どもが懇意にして頂いている方のご友人でその方のご紹介もあり、この度、いちごちゃんのご葬送をさせていただくことになりました。

 

お火葬はご自宅の敷地内で行ないました。電源は駐車場のコンセントから引かせていただいたので、ご遺骨をパウダー状に加工させていただく作業も速やかに行なうことができました。本当に有難うございました。

 

いちごちゃんはこの度、天へと召されてゆきましたが、もしかするといちごちゃんにとってはこちらのご家庭こそが天国だったのでは、と思えるのです。と申しますのは、ご自宅に上がらせていただいた際に感じたのですが、ペット臭どころか埃ひとつ見つからないほど室内を清潔に保っておられ、ペットちゃん達にストレスを与えることのない快適で、それでいて、とても自由な環境でお飼いになられていることに少なからず感銘を受けたのです。また、私の横を悠然と通り過ぎていく三毛猫ちゃんをみても、ご主人の懐でまったりとしている白猫ちゃんの穏やかな顔をみてもご家族様がいかに猫ちゃん達のことを大事に考えておられるかが自然と伝わってくるのでした。

 

神様はペットちゃん達の楽園を意外や意外、地上にこしらえているのかな ―  そんな思いが過ぎるクリスマスの夜でした。