お仕事日録

はなママとひな

トイプードルのはなちゃんのご火葬のご依頼を受けて飼い主様のご自宅に伺いました。ご自宅には奥様と小学生の男の子がひとり。はなちゃんはお部屋の一室で横たわり毛布からお顔だけ覗かせています。とても優しい死顔です。そして、そのはなちゃんの他に奥様の周りをくるくると回っているトイプーちゃんがもうひとり。

 

はなちゃんの娘で、ひな という名だそうです。部外者がやってきたので興奮しているのか 落ち着かない様子でしたが、お顔を撫でると奥様の元を離れてなんと私の膝の上でお座りしたのです。はなちゃんよりひとまわり小さく人懐っこくて可愛かった  - でも、もしかするとママの異変を感じていて、「ママの病気を治しにきてくれたの?」と喜んでいるのだったらさすがにつらい。ごめんね。ひなちゃん、それが出来なくて ・・・ はなちゃんのご遺体を炉へお運びする際にも、「ママをどこに連れてゆくの?」という目をしていたひなちゃんでした。

 

そのひなちゃんに - ひなちゃんにとってはこれほど辛い出来事はないと思う。けど、ひなちゃんにはママの分まで愛されることで皆の哀しみを癒やしてあげる役目が残っているよ -

 

ご家族様におかれましては、この悲しみを乗り越えられんことをお祈りしております。