お仕事日録

広島から来たアメリカン・コッカースパニエルのリナちゃん

アメリカン・コッカースパニエルのリナちゃんが亡くなりました。御年15歳。身体に癌が見つかり闘病中でした。飼い主様は広島の方で、昨年よりお嬢様が暮らしている金沢に来ていました。リナちゃんやリナちゃんのお母さんも飼い主様とともにやってきました。リナちゃんの他にも3匹いるとのことでしたので 、お母さんに、あとの2匹はお父さんか兄妹ではないかと思います。確かに、リナちゃんのお拭き清めをしている間、ドアの向こうからワンちゃんの吠える声が聞こえていました。

 

清拭の儀も終了し、いよいよご火葬に入る段になり、1匹のワンちゃんがリナちゃんに会いにやってきました。最後のお別れにお母さん犬がやってきたのです。そしてリナちゃんの身体に鼻を近づけクンクンと臭いを嗅ぎだしました。もしかすると、この瞬間、初めて娘の死を認識するのかもしれません。そして、次の瞬間、その死をなかったことのようにしてしまう ー 何故かはわかりませんが、私にはそう思えるのです。

 

ご火葬はご自宅の駐車スペースで執り行いました。雨が降ったり止んだりの一日でしたが、ご集骨も滞りなく終わらせることができました。その後、ご自宅の1室をお借りしてご家族様にはあらためてお骨壺に収めていただきました。りなちゃんのご冥福心よりお祈りいたしております。